【旅行・宿泊記ブログ】中禅寺湖に佇む『界 日光』は素晴らしかった。

旅行・宿泊記
スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

界 日光とは

界 日光は、皆さんご存じのとおり星のリゾートが運営する温泉施設 界シリーズの一つです。

「地域の魅力を再発見 心地よい和にこだわった上質な小規模温泉旅館」をコンセプトに日本各所に旅館を構えています。今回は、日光東照宮のサル達に会うついでに宿泊しました。

初の界宿泊でしたが、満足できる一日になりました。

宿泊情報

和室(2名)
60平米 / シャワーバスタブ・トイレ付
ロータイプツインベッド
全室Wi-Fi無料 / ナイトウェア/ ドライヤー / 冷蔵庫

界 日光のベッドは、あの日本ベッドと共同開発した「ふわくもスリープ」です。
寝てみればわかりますが、落ちます。本当に。
また、部屋のお風呂は「檜風呂」です。残念ながら温泉ではなかったので使いませんでした。

アクセス

・日光駅よりバスで約40分→中禅寺湖温泉より徒歩約10分/都内から車で約3時間

界 日光

界 日光レビュー

歴史観漂う旅館の外観です。今回はバスで向かったため、旅館に到着する前に、中禅寺湖の周りを歩きます。都会の喧騒から離れ、湖を眺めるだけでも癒されます。

ホテル外観

厳かな感じの外観です。ワクワクする。

チェックイン

旅館に向かって歩いていると、迎えに来てくれました。
チェックインは、ホテル内のロビーで実施します。ロビーに案内され、待っていると仲居さんがやってきます。ロビーに行く前の通路が、まさしく「和」な雰囲気で海外の方だけでなく、我々日本人も気持ちが高まりました。

ホテル内

歴史のあるホテルを買い取って、リニューアルしたらしいのですが、界のコンセプトである和が散りばめられていますし、ホテル内・お部屋・お風呂など、全て手を抜かずしっかりと作りこまれている印象です。

お部屋

お部屋はとても広いです。二人で泊まる部屋ではないです。苦笑
ベッド2台、和室に必ず必要なローテーブルに加えて、足の悪い方もありがたいソファと机もあります。ベッドに寝ころびながら、テレビは厳しいです。ベッド裏に荷物置きもあり、部屋の雰囲気を壊さない配慮もあります。

水回り

トイレは普通です。とりあえず広い。
お風呂は、檜風呂です!温泉なら最高なのですが、温泉に入りたければ、大浴場に行きましょう。

ルームウェア

ルームウェアは普通です。これを着て、大浴場・食事も可です

とってもかわいいです!太鼓がついている鍵は、とても持ちにくいです!
お部屋によって全部異なるようなので、行く方はどんな鍵なのか楽しみにしてください。

ロビー

ロビーには、日本酒やお菓子、コーヒーなどが準備されています。コーヒーは24時間利用可能。日本酒とお菓子は20時までの設置でした。
チェックインを早くしてしまうと、晩御飯の前に日本酒で仕上がってしまいそうです。
各日本酒を少しずつ頂きましたが、鳳凰美田。やはり美味しいです。

夕食

もう、何も言うことはありません。旅館での楽しみの一つ。素晴らしすぎました。
猿も可愛いですね。写真で楽しんでください。

大浴場

ご飯の後はやっぱりお風呂。平日に泊まったからか、貸し切りでした。露天風呂は脳がリフレッシュされますね。
湯上り場には、アイスとルイボスティーがあります。風呂上がりのルイボスは良いですよ。

朝食

旅館の朝食。湯葉から始まり、胃が動き出します。前日夜はお酒も少なめだったので、気持ちよく食べれました。改めてメニュー表を見ると、印も押してあって可愛いですね。

また必ず行きたくなる『界 日光』にぜひ行ってみてください!

界 日光
タイトルとURLをコピーしました