【WordPress(Cocoon用)】Google AdSenseに合格!まずやることは?ads.txtの追加!

WordPress
スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

記事をしこしこ書きながらGoogle AdSenseに申請をしていましたが、何回も否認。
しっかりとポリシーを読み込んで、プロフやお問い合わせフォームも作ったが、否認。
15記事書いたところでついに合格しました。

さて、Google AdSenseに合格したものの、これから何すればいいんだっけ?と思いとりあえずGoogle AdSenseのサイトを開いてみたところ、赤い!マークが・・・!

ごまお
ごまお

まだ、やることあるんかい

【Google AdSense】に合格したらやること

  1. ads.txtのアップロード
  2. 広告の貼り付け
  3. Google AdSense審査用の情報削除

ads.txtの対応

ads.txtの対応は、wordpressのプラグインを使えばすぐにできます。

  1. wordpress > プラグイン > 新規追加に遷移
  2. 「Ads.txt Manager」で検索して、プラグイン(作者:10up)をインストール
    ※同じ名前のプラグインがあるので気を付けてください。
  3. プラグインを「有効化」して、「設定」の中にある「ads.txt」を開きます。
  4. その中にGoogle AdSenseでダウンロードしたads.txtの情報を貼り付けて保存します。
    24時間以内には確認され、警告文がなくなっていると思います。

広告の貼り付け

  1. Google AdSenseのトップページ左側にある「広告」をクリック
  2. 広告を設定したいサイトの右側にある「編集」をクリック
  3. 自動広告を「オフ」にして、設定を保存
  4. 「広告」を再度クリックして、上部にある「広告ユニットごと」をクリック
  5. 「ディスプレイ広告」をクリック
  6. 表示方法を決めて、左上に名前を付けて「作成」をクリック
  7. 広告コードが表示されるのでhtmlをコピー
  8. Cocoon設定 > 広告 > アドセンス広告 に htmlコードを貼り付ける
  9. 広告の表示場所等を設定して、保存

Google AdSenseのトップページ左側にある「広告」をクリック

広告を設定したいサイトの右側にある「編集」をクリックします。

自動広告を「オフ」にして、設定を保存する。

「広告」を再度クリックして、上部にある「広告ユニットごと」をクリック

「ディスプレイ広告」をクリック

表示方法を決めて、左上に名前を付けて「作成」をクリック

広告コードが表示されるのでhtmlをコピー

Cocoon設定 > 広告 > アドセンス広告 に htmlコードを貼り付ける

Google AdSense審査用の情報削除

Cocoon設定 > アクセス解析・認証 > ヘッド用コード に入れているコードを削除

これで初期設定は終了です。
広告が表示されていることを確認しましょう!

タイトルとURLをコピーしました